セクハラ・パワハラ・オワハラ・ヌーハラ以外にも続々と新しいハラスメントが誕生

記事まとめ

  • ヌーハラは小倉智昭や和田アキ子などが反論し、デヴィ夫人はマナー違反を強調した
  • セクハラ、パワハラは定着したが、スメハラ・ソーハラ・オワハラなどが誕生
  • 一風変わったものには、性癖を暴露するシモハラや、大阪人ハラスメントなど

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております