中国の北京でスパイ行為の通報を奨励する制度「反スパイ法」施行、邦人4名以上拘束も

記事まとめ

  • 4月10日から中国の北京市がスパイ行為の通報を奨励する制度『反スパイ法』を施行
  • すでに同法により、日本人だけで会社員や主婦など4名以上が中国当局に拘束された
  • 通報者には最高で50万人民元(日本円で約800万円)の報奨金が支払われる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております