朝日新聞「従軍慰安婦強制連行」宣伝扇動は報道ではなく政治運動

1992年1月23日に、朝日新聞夕刊に掲載された『窓・論説委員室から』は、韓国の済州島での吉田清治の慰安婦狩り証言を「腹が座っている」と評価した上で、《連行した朝鮮人女性は950人と証言》との見出しを付けたインタビュー形式の記事を掲載した(その後、この記事は取り消された)。この内容をあらためて内容を振り返ってみる。


朝日:韓国の報道機関から「もし、わが国の国会で証言してほしいという要請があれば、どうしますか」

吉田:私は最も罪深いことをしました。証言しろと言われれば、韓国の国民、国会に対して謝罪し、そして何でも答える義務がある。その立場を自覚していますから。


そして同記事は、生々しい強制連行の様子をこう綴った。


《吉田さんが、その記憶の中で、特に心が痛むのは従軍慰安婦の強制連行だ。吉田さんと部下10人か15人が朝鮮半島に出張する。総督府の50人、あるいは100人の警官といっしょになって村を包囲し、女性を道路に追い出す。木剣を振るって若い女性を殴り、蹴り、トラックに詰め込む。

一つの村から3人、10人と連行して警察の留置場に入れておき、予定の100人、200人になれば、下関に運ぶ。女性たちは陸軍の営庭で軍属の手に渡り、前線に送られていった。吉田さんらが連行した女性は、少なく見ても950人はいた》


吉田:国家権力が警察を使い、植民地の女性を絶対に逃げられない状態で誘拐し、戦場に運び、1年、2年と監禁し、集団強姦し、そして日本軍が退却するときには戦場に放置した。私が強制連行した朝鮮人のうち男性の半分、女性の全部が死んだと思います。


この報道に対して、1992年4月30日付の産経新聞朝刊は、済州島での慰安婦狩りはなかったと報じた。島民は「でたらめだ」と語り、地元紙は慰安婦狩りを報じた朝日に対し「何のために作り話を掲載したのでしょうか」と核心を突く質問を産経側に投げ掛け、産経側は答えに窮している。


この記事以降、保守系メディアは吉田証言の矛盾点を指摘したが、朝日新聞は、従軍慰安婦強制連行説を頑なに信じる高名な法曹家や知識人、文化人を総動員し、信頼性を補強させて世論誘導を図った。先の「何のために」という疑問の答えは、朝日新聞の目的が“報道”にあったのではなく“政治運動”だったからだ。


?


[いっしょに読みたい]


※?韓国が喧伝する「強制連行」歴史のねつ造劇を告発する証拠


※?日本統治下の朝鮮に蔓延した「内地密航」が表す強制連行の虚構


※?日本統治下朝鮮から「内地密航」した人々は戦後何をしたか


※?朝鮮半島から日本へ密航が横行した歴史的背景


※?「日帝残滓一掃」に狂奔する韓国社会の欺瞞


朝日新聞「従軍慰安婦強制連行」宣伝扇動は報道ではなく政治運動はまいじつで公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)