戦後の朝日新聞の出発点「共産主義運動への参加宣言」を振り返る

韓国メディアが崇拝してやまない独島(日本名=竹島)について「私が守る」と驚くべき発言を行った元朝日新聞主筆のK・Y氏は、「安倍首相たたきは社是だ」と言い放ったことがある。朝日の政治的意図をあらわにした“中韓のプロパガンダ機関”としての堂々たる宣言だ。


このK・Y主筆は、「安倍の葬式はうちで出す」とも言ったが、実際、“葬式”は部数激減の朝日の方が先になってしまいそうだ。


さて、ここで指摘しておきたいのは、戦後の朝日新聞の出発点は“共産主義運動”への参加宣言であったことだ。敗戦から約3カ月後の1945年11月7日付一面で、朝日は《国民と共に立たん/本社、新陣容で「建設」へ》という記事というより宣言を掲げている。


戦争中、軍部に協力した報道責任を取るために、社長以下全役員、編集幹部が辞職し、今後は「あくまで国民の機関たることをここに宣言する」と述べているのだが、この“国民”とは支配者層と区別された“労働者階級”であり、朝日の“民主主義戦線”とは当時の日本共産党が唱えていた“民主戦線”にほかならない。


共産主義の言葉こそ隠しているが、これは朝日の共産主義運動への参加宣言だった。この“宣言”の起草者は、のちにマルクス・レーニン主義を信奉し、毛沢東“信者”となる森恭三氏(論説主幹)だった。だから保守派は、朝日の記事を「公正中立」だと信じて読んではいけないと主張してきたわけだ。


?


過去のプロパガンダ報道の数々

中国報道は毛沢東主義の立場から報道され、軍事政権下にあった韓国には、“民主勢力”と朝日が見ていた北朝鮮の観点から報じられた。当時、北朝鮮が南侵用(韓国侵入)として掘ったトンネルを《韓国側から掘っている》と報じていたし、1982年には外交事件に発展する『教科書誤報事件』を(朝日だけではないが)起こしている。これは当時の文部省が教科書検定で《華北へ侵略》を《華北に進出》に変えさせたとする誤報だ。


1950年に起きた『伊藤律会見捏造事件』(逮捕状が出て地下に潜伏中だった日本共産党幹部伊藤律との会見に成功したとの捏造報道)というのもあった。


いずれにしろ、共産主義者などというレッテル張り自体が死語になっている今日の日本においては「あっそう」で片付けられそうだが…。


?


[いっしょに読みたい]


※ 朝日新聞VS安倍晋三首相の「10年戦争」


※?従軍慰安婦問題に反論できない日本政府の「怠慢性」


※?朝日新聞が待望していた「慰安婦狩りの生き証人」登場の瞬間


※?韓国が喧伝する「強制連行」歴史のねつ造劇を告発する証拠


※?日本統治下の朝鮮に蔓延した「内地密航」が表す強制連行の虚構


戦後の朝日新聞の出発点「共産主義運動への参加宣言」を振り返るはまいじつで公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)