中国の大学入試でカンニングをした者は最大7年の禁錮刑も アイテムもハイテク化

記事まとめ

  • 新華社は「大学入試でカンニングをした者は最大7年の禁錮刑を受ける可能性」と報道
  • 地方出身者には合格者制限が設けられるなど、日本では考えられない差別が施されている
  • ペットボトルに機器を仕込むなど、スパイ映画のようにハイテク化しているという

カンニングは最大禁錮7年!凄まじい中国の大学受験事情

かつて日本で“受験戦争”と呼ばれた大学入試。中国では比喩的な“戦争”よりよほど恐ろしい現実がある。言うなれば“受験監獄”だ。


中国では毎年6月に『高考』(普通高等学校招生全国?一考?)と呼ばれる大学統一入学試験が2日間(一部の省は3日間)にわたって行われる。


昨年6月、国営通信の新華社は「今年から中国の大学入試でカンニングをした者は、最大7年の禁錮刑を受ける可能性がある。また3年にわたり他の国立教育機関の入試を受けられなくなる」と報じた。


「高考ひとつで人生が左右されるとあって、親ばかりか親族総がかりで取り組む力の入れようは、韓国の大学受験以上です。特に中国の場合、農村からの大都市流入を防ぐため、地方出身者には合格者制限が設けられるなど、日本では考えられない差別が施されています」(在日中国人ライター)


それゆえに、カンニングをしてでも大学合格さえできればと考える受験者は、日本の比ではないという。


「カンニングの多さを中国教育省も問題視し始め、警察までが替え玉受験やワイヤレス機器使用に的を絞った取り締まりを開始しています。また商魂たくましい中国人が、この一大ビジネスチャンスを見逃すはずもなく、とんでもないカンニングアイテムまで売られています」(同・ライター)


?


中国の「ハイテク」不正事情

清の時代まで約1300年間にわたって行われた官僚登用試験である『科挙』において、頻発していた試験官への賄賂は現在では消えた。だが、替え玉受験とカンニングペーパーは連綿と続くカンニング方法だ。


「消しゴムに似せた液晶画面や、洋服内やめがねのフレームに仕込んだ通信機器を使って外部と交信する。あるいは持ち込んだペットボトルに機器を仕込むなど、まるでスパイ映画のようにハイテク化しています。体の一部に“正解”を記入する手も使われますが、ということは事前に回答が出回っているわけです。つまりニセの回答を販売する業者がいるわけで、藁をもすがる気持ちで買ったのはいいが、実は回答もニセだったという笑える例もあります」(同・ライター)


替え玉受験についての防止策も日本より厳重だ。


「受験者の身分証明には、上半身の写真とICチップが埋め込まれ、出身地や誕生日情報が分かるのですが、それにプラス個人の指紋情報も登録させ、それ以外にも金属探知機を使って不正品の持ち込みを防止しています」(同・ライター)


禁錮刑に処せられた受験生がいるかどうかは当局が公表しておらず、詳細は不明だ。


?


【画像】


(C)sakkarin sapu / Shutterstock

関連記事(外部サイト)