佐村河内守、佐野研二郎… 平成の“大ペテン師”とその後…

佐村河内守、佐野研二郎… 平成の“大ペテン師”とその後…

(C)Ysbrand Cosijn / Shutterstock

モデルで銭湯絵師の勝海麻衣氏が、3月24日の製薬会社のライブアートイベントで盗作疑惑が浮上し、大問題へと発展した。ネット社会の現在では、このようにどこからともなくパクリ≠ェバレやすくなる。



パクリ≠ノよって身を滅ぼした「平成のペテン師」を紹介しよう。


まず勝海氏に戻るが、2012年にイラストレーターの猫将軍≠ェ描かれたものをパクった疑いがある。盗作を指摘された勝海氏は、ツイッターで謝罪文を発表したものの、盗作に対してではなく世間をお騒がせしたこと≠ノついて謝罪。あくまでパクったことを認めず、火に油をそそぐ結果となってしまった。


さらに、このパクり癖≠ヘ今に始まったことではないようで、ツイートもパクリ放題だったと判明。『パクツイ』と呼ばれる、他人の(面白い)ツイートの文章を、自分が考案したかのようにツイートすることもしょっちゅうあったようだ。


「パクツイは少しだけ文章をイジっているため、偶然≠ニ主張すれば逃げ切れるものもあります。しかし中には、少しイジったばかりに意味不明な文章となり、パクった形跡がモロに分かる改変漏れ≠オているものも。絵だけなら偶然≠フゴリ押しで少しは擁護する人もいたかもしれませんが、パクツイまでしているとなると、そういう人間≠セと思われて当然。勝海氏の作品は、他にもパクリ疑惑が続々と浮上し、もはや言い逃れできない状態になりました。モデルもする美人銭湯絵師≠ニいう荘厳な触れ込みが、一瞬にして崩れ去りましたね」(芸能ライター)


18年、小説『美しい顔』で第61回群像新人文学賞を受賞した美人小説家≠ニいう触れ込みの北条裕子氏。しかしその後、他の作家の先行作品と類似していると指摘され、謝罪に至った。作品発表当時、北条氏は参考文献について「現地を直接見ていないが、自分が読んで感銘を受けた文献を手掛かりにした」などと答えた。


しかし、指摘を受けると直ちに謝罪。「私は自身の目で被災地を見たわけでもなく、実際の被災者に寄り添いこの小説を書いたわけでもありません」とし、震災をテーマにした本を発表したのは「罪深いことだと自覚しております」とコメントした。


今年4月17日に同書の単行本が発売されると、北条氏は取材に応じ、あらためて謝罪のコメントを発表している。


?


ワイドショーの中心となった2人のその後は…

失聴障害がありながら数々のゲーム音楽や『交響曲第1番HIROSHIMA』などを作曲し、音楽家として脚光を浴びた佐村河内守氏。長髪にサングラス、そしてヒゲといういかにもなルックスも相まって、一躍時の人となった。


しかし14年、ゴーストライターの告発により、自作としていた曲は代作によるものと発覚。さらに佐村河内氏は会見で、3年ほど前から体調によっては周囲の声や音をある程度聴きとれるようになったと、衝撃のカミングアウトをしたのだった…。


それから約5年、『週刊新潮 2018年12月13日号』に佐村河内氏へのインタビュー記事が掲載された。佐村河内氏は「表に出るのは、もう二度とごめんです」と、テレビ仕事などを断っているらしい。一方で、プロレスラーのザ・グレート・サスケに曲を提供するなど、作曲家としてまだ活動しているという。


最後に20年夏季オリンピック東京大会・パラリンピック東京大会の公式エンブレムに選出されたデザイナー佐野研二郎氏。そのエンブレムはベルギーの『リエージュ劇場』のロゴに酷似していると、ロゴの作者が指摘。佐野氏は、そのようなロゴは全く知らないもので制作時に参考にした事実はないと反論したが、採用取りやめが決定される。その後、エンブレムは再公募を経て、『組市松紋』に決定された。


佐野氏はその後、ネット上で過去の作品のパクリ疑惑も数多く指摘され、ネット民のおもちゃと化した。中には公式に取り上げられ、大問題へと発展したものもある。


その後、佐野氏が大きな話題になったのは、稲垣吾郎、 草なぎ剛、香取慎吾の公式ファンサイト『新しい地図』のロゴをデサインしたとき。何だかんだ、まだまだ仕事は舞い込んでいるようだ。


何はともあれ、一度失った信用を戻すのは、ほぼ不可能に近いだろうが…。


?


関連記事(外部サイト)