今井絵理子議員と橋本健市議の醜聞「破廉恥な弁明」に非難の声

アイドルグループの元『SPEED』メンバーである今井絵理子参議院議員と、神戸市議の橋本健議員の不倫疑惑が週刊誌によって報じられた。


「ふたりの釈明会見を聞いてあ然としました。ホテルで一夜を過ごしながら『不貞行為はなかった』はないでしょう。記者から『具体的にどうなかったのか?』と問われた橋本議員は、『皆さんの判断にお任せします』と答えました。つまり“ホテルの部屋でシャワーを浴びてもらい、パジャマに着替えてもらったが、性行為はしていない”ということにしたいのでしょう。呆れて言葉もありません。橋本議員には奥さんと子供がいながら、今井議員と新幹線で手を握りあい、今井議員は自分の息子をほったらかしにして橋本議員とホテルで過ごした。こんな低い意識の人間が議員を続けていいはずがありません」(週刊誌記者)


今井議員は聴覚障害の息子を持つシングルマザーで、昨年7月の参議院選挙では「障害をもつ子供たちが明るい希望をもてる社会作りをしたい」という志を掲げ、自民党から立候補して当選した。今井議員の所属する自民党は、先日の東京都議会選挙で惨敗し、森友学園や加計学園の不正疑惑、稲田朋美防衛大臣の辞任など、次々湧く問題に頭を抱えているところで、追い討ちをかけるような今回の醜聞報道だろう。


?


秋の衆院補選に影響大

「10月22日に衆議院の青森4区と愛媛3区で補欠選挙があるので、いまはその選挙戦の準備中なのです。しかし、影響は免れないでしょう。一体どれだけ国会議員の先生方はスキャンダルによるイメージダウンをすれば気が済むのか。妻子ある男性との関係が取り沙汰されれば、議員の進退に関わるのが分かってないのでは」(全国紙政治部記者)


今井の公式ツイッターには《障害のあるお子さんを育てながら頑張っていると思っていましたが、まさか不倫をしているとは最低ですね》などの書き込みがなされており、非難の声は止む気配がない。


かつて、SPEEDのファンだった男性はこう言う。


「選挙で昔のヒット曲を歌うなどして票を集めていましたけど、今井は自民党に投票した人だけでなく、SPEEDのファンも裏切りました。少しでも再結成の目があると思って期待していたのに、むしろ再結成してほしくないという気持ちになってきました」


橋本議員の所属する神戸市議団の公式サイトによると、橋本議員の座右の銘は《為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり》とある。不倫も“為せば成る”として強引につき進んだのか。


?


【画像】


Graphs / PIXTA(ピクスタ)

関連記事(外部サイト)