精神疾患抱える航空機パイロット「驚愕の人数」無記名調査で判明

2015年3月にアルプス山脈で墜落し、150人もの命が奪われた、ドイツのジャーマンウイングス社の航空機事故。そして日本で1982年に起こった羽田沖の日本航空350便墜落事故、通称『日航逆噴射事故』という2つの事故には共通点がある。


事故を起こした機長(もしくは副機長)が精神的な病を患っていたことだ。


世界保健機関(WHO)によると、世界では約3億5000万人もの人々がうつ病に罹患しており、きちんとした治療を受けているのは、このうち半数未満の人のみだという。多くの人が治療を受けていないのが現実で、その理由の大多数は、うつ病に対する社会的な差別意識があることだ。


実際に、航空機の利用者にとって、民間航空機パイロットの精神心理的な健康状態は気になるところだ。最近の研究によると、民間航空機パイロットには、うつ病で抑うつ気分を感じている人が多く、希死念慮を覚えた人もかなりいるということが分かった。


「従来行われた航空会社や航空を規制する各国当局による調査は、記名方式だったため、抑うつ気分や希死念慮などの症状を報告しにくいのは明らかでした。回答の実態は『過小報告』であろうと考えられます。もしうつ病を連想させると報告すれば、仕事を奪われるリスクがあるでしょう」(航空評論家)


?


世界50カ国でうつ病のパイロットは13%

世界50カ国のパイロット約1800人を対象に無記名方式で行った調査研究は、無記名としたことで、社会的差別の恐れを取り除いたものとなった。その結果、驚くべき実態が明らかになった。


「うつ病に罹患していたパイロットは約13%。なかには希死念慮を持つパイロットも約4%もいた上、そのような症状を持つパイロットたちの多くが、差別とそれによる失職への恐れから治療を受けていないということも分かったのです。今回の研究の対象者の多くは、北米やオセアニア地域のパイロットたちでしたが、日本人パイロットでも同程度以上の傾向があるものと考えられます」(同・評論家)


アルプスでの悲劇を繰り返さないためにも、パイロットたちの心理的な健康状態を正確に把握して、きちんとした予防、治療と長期的サポートを提供するシステムを導入すべきだろう。


?


【画像】


(C)PR Image Factory / Shutterstock

関連記事(外部サイト)