小室圭さん「今できること一生懸命」発言が物議…追い詰められる秋篠宮家

【眞子さまと小室圭さんの結婚問題】平然と公務をする秋篠宮家を非難する声も

記事まとめ

  • 眞子さまの婚約者である小室圭さんは夏休みも勉強する必要があり、帰国しないという
  • その小室圭さんが「今できることを一生懸命やるだけ」と述べ、ネットで批判が殺到した
  • また、秋篠宮家に対しても、公務だけして説明責任を果たさないと非難する声が出ている

小室圭さん「今できること一生懸命」発言が物議…追い詰められる秋篠宮家

小室圭さん「今できること一生懸命」発言が物議…追い詰められる秋篠宮家

小室圭さん「今できること一生懸命」発言が物議…追い詰められる秋篠宮家の画像

秋篠宮皇嗣殿下の長女・眞子さまの婚約者である小室圭さんの発言が、またまた不興を買っている。写真週刊誌『FLASH』6月4日号に掲載された記事によると、小室さんは「令和になっても、今できることを一生懸命やるだけです」「気持ちは以前と変わらないです」などと、代理人弁護士を通じて答えたという。



小室さんは現在、ニューヨークのフォーダム大学ロースクールを5月20日に修了した後、インターンとして弁護士事務所で実務経験を積むフィールドワークなど、複数のプログラムをこなす日々を過ごしているらしい。9月に始まる法務博士のコースを卒業するために、この夏休みも勉強を続ける必要があり、帰国している暇はないようだ。


眞子さまは7月に南米・ペルーを訪問される予定だが、米国を経由したとしても小室さんには会わない意向だと報じられている。一方、小室さんも今できること≠ニして、法務博士のコースを修了するまで再会しない決意だという。


この小室さんの発言や行動に対して、ネット上では、


《あと2年会えないんじゃなくて あと2年で別れなさいって意味だと思うけど》

《え? まだ会う気でいるの?笑》

《破談しないつもり? 2年じゃなく永遠に会わないでください》

《2年間警備とかで税金の無駄遣いするなよ》


などと批判の嵐。さらに、


《弁護士になるかどうか決めてないくらいだしどうせそんなに必死に勉強しないでしょ。でも謎のパワーで合格すると見た》


などと、小室さんの「弁護士になるか決めていない」という発言を持ち出し、勉強はウソだとする意見も見られた。


?


国民に説明もなく不信感が増す

小室さんは5月31日に放送された『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で、親友≠ニ称する人物が「帰国すると友人や護衛のSP、マスコミなど大勢の人に影響を与えるから帰国しない」と証言したことが炎上に油を注ぐ格好となっている。しかも、親友と称する人物も「実は劇団員では?」と疑われる始末。国民の中には、もはや好感度どころか嫌悪感しかない状況といえる。


当事者の眞子さまは去る5月12日、母・紀子さまと一緒に『大聖寺文化・護友会』の総会に参加。1泊2日で母娘水入らずの時間を過ごした。『週刊女性』によると、「お2人で仲良さそうに会話されていたとのことでした。とてもいい親子関係だと感じましたね」などと報じられている。さらに6月2日には、お2人で一緒に代替わりを記念した特別公演『大典 奉祝の芸能』を鑑賞。母娘での公務が続いている。


これについて、ネット上では、


《例の問題が宙ぶらりんの状態で、問題は一向に解決されず、解決しようとする姿勢も見せず、心配をする国民に説明もせず、相手も海外で逃げ回り、不信感がこれだけ増してる状態なのにもかかわらず、平然と公務をする眞子さまに違和感を感じざるを得ません》

《秋篠宮家や紀子さんにしてみれば、公務だけはします! ということなのだろうけど、誕生日会見以降、国民に何の説明責任も果たさないでのお出ましは、国民にとっては何か挑戦的な態度の様であります》


など、非難の声がある。


どうやら小室問題は、着実に秋篠宮家を追い詰めているようだ。


?


【画像】


TeodorLazarev / Shutterstock


関連記事(外部サイト)