開き直る山尾志桜里議員「芸能界ご意見番」らが猛非難

開き直る山尾志桜里議員「芸能界ご意見番」らが猛非難

(C)Shutterstock

倉持麟太郎弁護士との不倫疑惑が報じられた山尾志桜里衆議院議員が、先の衆議院総選挙で当選後に、自らの政策顧問に倉持氏を起用すると神奈川新聞のインタビューで答えた。山尾議員は「共謀罪法や天皇の皇位継承問題などで、これまで倉持氏とともに取り組んできた」、「記者会見で『男女の関係はない』と否定したことすら、本来答える必要はなかった」とし、「むき出しの好奇心には屈しない」とも語った。



この山尾議員の行動に対し、あちこちから批判の声が止まらない。タレントの坂上忍は11月10日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で山尾議員の「公私のラインを引く」とした対応を批判した。「ほかの人にはあれだけ言って、自分のことは言わせないって態度はどうなんですかね」と首をかしげ、「834票の薄氷の差で(当選して)説明責任を果たしたって言ってる」と怒りをあらわにした。


和田アキ子は12日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、選挙戦では「山尾です、よろしくお願いします」とけなげにあいさつしていたが、当選後に倉持氏を政策顧問に抜擢した理由について聞かれても「それに答えることはありません」と態度を翻した姿に「こんなに豹変する人珍しい」、「何でこんなに変わっちゃうの?」と疑問を呈し、「公約を述べているときは真面目に語っているのに、当選したら、『はい、どうも』とこんな感じ。なんで先生になっちゃうの?」と怒りをぶつけた。


同じ番組でVTR出演した上西小百合前衆院議員は「本当にやることが腐っている」と口を開くと、「選挙に出る前は涙ながらに『頑張ります』と言っていたのに、当選したとたん『ざまあみろ』みたいな感じになっている。やってやったぜみたいな」とまくし立てた。


女医でタレントの西川史子は同じく12日の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で「後援会長が承諾していないなかで、どうしてこういう風にするのか。この人、天才って呼ばれているらしいですけど、バカなんじゃないかなって思いました」とあきれ顔。横に座っていたテリー伊藤は「山尾さんにはモラルは求めてなくて、いい仕事をしてくれればいい」とかばった。


?


山尾議員を擁護するのは…

山尾議員を積極的に擁護しているのは、後見人を自称している漫画家の小林よしのり氏くらいだ。小林氏は自らのブログで写真週刊誌の山尾議員に対する過剰な取材に対して批判をし、《山尾志桜里が倉持を政策顧問にしたのは、憲法改正に備えてのことだ。与党の発議前に議論を挑むには、もう時間がないから、このタイミングしかなかった。それを後押ししたのはわしだ。小林よしのりだ。》 と、自分が倉持氏を山尾議員の政策顧問にしたと告白した。


多くの国民は、テリー伊藤のように「いい仕事をしてくれれば構わない」と思っているのかもしれないが、ビートたけしが『新・情報7days ニュースキャスター』(TBS系)で言っていたように、「この人が野党で、自民党に質問するときに『説明責任はどうなってる』って言って、『お前がそうだろ』ってやり返されたらどうするの?」、「ちゃんと説明しろよ。自分のことだろって言われるじゃん」という事態になることを想定しておいた方がいいだろう。


?


【画像】


(C)jugulator / Shutterstock

関連記事(外部サイト)