山尾志桜里議員とテレビ共演した倉持麟太郎弁護士の「強心臓」

12月10日の『激論!サンデーCROSS』(TOKYO MX)の生放送に、山尾志桜里衆議院議員と不倫疑惑を報じられた倉持麟太郎弁護士がそろって出演した。



堀潤キャスターが3人のコメンテーターを紹介した際、「あれ? 個性派がひとり。倉持さん〜」と紹介されると、倉持弁護士は「はじめまして」とあいさつ。堀キャスターから「視聴者に何かひと言ありますか?」と聞かれると、この日の放送が通常の午後1時25分までではなく午後1時までであることを引き合いに出し、「きょう30分早く終わるのは僕のせいではありません」とコメントし、不倫疑惑や7日に『週刊文春』誌上で報じられたばかりの自身の離婚など私生活については触れることはなかった。


番組後半には山尾議員を熱烈に支援している漫画家の小林よしのり氏も出演し、『本当に必要なのか、憲法9条改正』と題して倉持弁護士などと討論を行った。小林氏が倉持弁護士の番組復帰をにらんだ地ならしにひと役買ったとみられる。


?


倉持氏の妻は…

週刊文春では、倉持弁護士の妻(A子さん)の友人や妻の親族が、倉持弁護士の“ゲスぶり”を述べている。そのさなかでの出演ということで、そのハートの強さには驚かされる。


記事にはこうある。


《今年夏、A子は脳梗塞の兆候が見つかったため、実家に子供を連れて帰っていました。あろうことか、その時期に二人は自宅で密会していた。脳梗塞、夫の不倫とショックの重なったA子の親族は倉持氏の言動に呆れ果てています》


結果的に仕事も子育てもままならないA子さんは、離婚を決意し、親権は父親にすることとした。A子さんの親族もこれを認めたという。


一方の山尾議員は、先の衆議院総選挙で愛知7区から当選を果たした際の挨拶時、結婚指輪をしていないことに注目が集まっていた。質疑のなかで週刊文春の記者が「指輪をしていないようですが…」と問いかけると、山尾議員は「答える必要ないと思います」と笑顔を崩さずに答えていた。


ふたりは“純愛”を貫き、政界失楽園の幕が開くのだろうか。


?


【画像】


(C)g-stockstudio / Shutterstock

関連記事(外部サイト)