朝日新聞が慰安婦報道の英文記事で検索逃れのプログラム設定か 山田宏議員らが批判

記事まとめ

  • 朝日新聞が慰安婦報道での誤りを認めた英文記事に検索回避のプログラムを設定していた
  • ケント・ギルバート氏らが検索エンジンで当該記事を見つけられなかったことから発覚
  • ネット上では非難が続々、自民党の山田宏氏や和田政宗氏も朝日新聞を批判した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております