漫画『りぼん』の“付録”に賛否!「全然おかしくない」「常識の押し付けだ」

少女漫画誌『りぼん』8月号の付録に婚姻届 「結婚が幸せと刷り込むのやめて」と批判

記事まとめ

  • 少女漫画誌『りぼん』8月号の付録に婚姻届が付いていることが、批判を呼んでいる
  • 同誌では人気漫画『初×婚(ういこん)』を連載中で、結婚情報誌『ゼクシィ』とコラボ
  • 結婚式の衣装を描く欄では下書きに男の子と女の子の絵が描かれ、"男女前提"にも批判

漫画『りぼん』の“付録”に賛否!「全然おかしくない」「常識の押し付けだ」

漫画『りぼん』の“付録”に賛否!「全然おかしくない」「常識の押し付けだ」

漫画『りぼん』の“付録”に賛否!「全然おかしくない」「常識の押し付けだ」の画像

少女漫画誌『りぼん』8月号の付録に婚姻届≠ェ付いていることが話題を呼んでいる。一部の層からは「結婚とか恋愛が幸せだと刷り込むのやめようよ」などと、猛烈な批判の声が上がっているようだ。



現在、同誌では結婚をテーマにした人気漫画『初×婚(ういこん)』を連載中で、今回の付録である婚姻届は結婚情報誌『ゼクシィ』とのコラボ企画。作者・黒崎みのり氏が描き下ろした美麗なイラストが楽しめる他、結婚指輪やブーケのデザイン、ウエディングケーキの種類などを選び、自身の理想を書き込める仕様となっている。なお、この用紙は妄想用で実際には使用できない。


小中学生の女児が主なメイン読者であることを鑑みると、この付録は異例かもしれない。しかし、作者と担当編集者はネットメディア『ORICON NEWS』の取材に対して、結婚は身近な話題であることを説明した上で、《ネガティブなご意見もありましたが、大人の方にも興味を持っていただけたようですし、りぼん読者は、好きなキャラの名前を書いたりかわいいドレスを描きこんだりと、楽しく使ってもらえたのではないかなと思います》と、手応えを感じている様子。既存の読者を満たしつつ、これまでアプローチできていなかった大人世代にも届いたのではないかと語っていた。




『りぼん』の婚姻届はアリ? ナシ?

「名前を記入する欄には、『夫になる人』『妻になる人』の記載がある他、結婚式の衣装をイラストで描く欄では下書き≠ノ男の子と女の子の絵が描かれています。すると結婚は男女でするもの≠ニいう前提で作られていることが問題だと、一部層の反感を買ってしまったよう。もっとも、女性ファッション誌『CanCam』や、人気ボーイズラブ漫画『世界一初恋』でも、付録を婚姻届としたことがあるのですが…」(ネットメディア編集者)


実際にネット上では、


《ニセモノだとしても婚姻届が女児向け雑誌の付録ってはっきり言って気持ち悪い…》

《りぼんの付録に婚姻届が付いたと聞いてドン引き絶句している 子ども向けコンテンツにゼクシィをねじ込むのエグ過ぎる それ子どもの夢じゃなくてまんま大人の都合ですよね?》

《男と女が結婚するのが普通という常識の押し付け》

《結婚とか恋愛が幸せだと刷り込むのやめようよ。あと、わざわざタキシードとドレス書かなくてよくない?》

《恋愛は異性とするものだという価値観を刷り込んでいる》


などと刷り込み≠指摘し、怒りの声が多く上がっている。しかし一方で、


《りぼんはもともと異性愛を取り扱っている漫画雑誌だからマーケティングとして間違っていない》

《大人数を商売の対象とする場合はマジョリティーがメインターゲットになるのは仕方なくない?》

《りぼんって異性恋愛のお話がほとんどじゃないんですか? このコラボの漫画も。そういうものを楽しんでる人たちがターゲットなら、全然おかしくないと思います》


などといった反論も寄せられている。


男女平等やLGBTなど、ポリコレにどこまで配慮するべきなのか、非常に難しい世の中になっているようだ…。


【画像】


Krakenimages.com / Shutterstock

関連記事(外部サイト)