名古屋発祥コンビニ「ココストア」の一部店舗が復活

名古屋発祥コンビニ「ココストア」の一部店舗が復活

名古屋発祥コンビニ「ココストア」の一部店舗が復活の画像

コンビニエンスチェーンの『ココストア』のファンに朗報だ。


2015年12月にココストアグループがファミリーマート傘下となって以降、店舗が減り続けていたが、今夏まで残存していた店舗の多くが名称を戻した上で、過去の業態を復活させ営業することになった。



「ココストアの創業は1971年、名古屋の食品商社『盛田』(1665年創業)の系列企業『山泉商会』(後の『イズミック』)のコンビニ事業部として起業され、1972年にココストアとして分社化されました。この盛田がソニー創業者の一人、故・盛田昭夫氏の実家なのです。そのため、ココストアはソニーと“同根”なのです。」(経済ライター)


ココストア1号店の藤山台店(愛知県春日井市)は、日本初の本格的コンビニとして知られている。


「ココストアは、一部の大型店舗に『ココ・デ・クック』や『ココ・デ・ベイク』と称する本格的なベーカリーと厨房を備えていて、深夜、早朝いつでも焼きたてパンや作りたて弁当が購入できました。中でも『ばくだんおにぎり』が名物で、2012年には、あの手羽先居酒屋チェーン『世界の山ちゃん』とのコラボ商品を展開するなど“名古屋めし文化”を前面に出した商品ラインナップで人気があったのです」(同)


ココストアグループは全国展開の野望を抱き、中堅スーパーの傘下コンビニやココストア分社後にイズミックが運営していた『タックメイト』などを傘下に収め、拡大路線を目指した。しかし、2015年12月にファミマに買収され、グループ店舗はファミマへの業態転換が進んだ。それと同時に、焼きたてパンや作りたて弁当は、効率化の前に廃止されたのだ。



「しかし、救い主が現れたのです。旧ココストアの一部店舗を、エネルギー大手『ミツウロコグループホールディングス』が引き継ぎ、旧名に戻すと同時に、売り物の焼きたてパンと作りたて弁当を復活させる意向を表明したのです。ミツウロコは今後、新規出店も検討しているとのことですが、多くは店舗面積に余裕のある地方からのようです」(同)


コンビニ業界の三つ巴にミツウロコが挑む。

関連記事(外部サイト)