10月14日は「鉄道の日」各地で行われるイベントを総まとめ

10月14日は「鉄道の日」各地で行われるイベントを総まとめ

(C)Shutterstock

10月14日の『鉄道の日』を記念したイベントが今年も全国各地で行われる。


“鉄道の聖地”でもある車両基地や工場の公開も多いので、日付順に見てみよう。



・10月1日「鷲宮保守基地」(埼玉県、最寄り駅・JR東北線東鷲宮駅)東北新幹線の工事作業車などを公開


・10月1日「日本信号久喜事務所」(埼玉県、最寄り駅・JR東北線久喜駅)元蒸気機関車運転士の講演会や信号システムを公開


・10月1日「後藤総合車両所」(鳥取県、最寄り駅・JR境線富士見町駅)境線の鬼太郎列車、寝台特急サンライズ出雲、特急やくも、ラッセル車などを展示


・10月2日「JR仙台貨物ターミナル駅」(宮城県、最寄り駅・JR仙石線宮城野原駅)貨物機関車(金太郎)の展示や東北のゆるキャラショーを実施


・10月6日「総合車両製作所新津事業所」(新潟県、最寄り駅・JR信越線新津駅)車両の吊り上げ作業などを実演


・10月8日「鉄道総合技術研究所」(東京都、最寄り駅・JR中央線国立駅)『平兵衛まつり』としても知られ、開発中の次世代車両やリニアモーターカーを公開


・10月9日「北熊本車両基地」(熊本県、最寄り駅・熊本電鉄北熊本駅)昨年引退した青ガエル電車(5000系)の見学や熊本地震のチャリティーを開催


・10月15日「海老名電車基地」(神奈川県、最寄り駅・小田急海老名駅)小田急と相互乗り入れしているJRと東京メトロなどの車両を展示、翌16日も開催



・10月16日「博多総合車両所」(福岡県、最寄り駅・博多南線博多南駅)初代0系、2階建て食堂車、ドクターイエロー、エヴァンゲリオン車(500系)などの歴代新幹線を展示


・10月22日「新幹線総合車両センター」(宮城県、最寄り駅・JR東北線新利府駅)はやぶさ、こまち、かがやきに加え、検測車のイーストアイを初公開


・10月22日「広島車両所」(広島県、最寄り駅・JR芸備駅矢賀駅)全国最大の機関車の展示会と物産展


・10月29日「高崎駅南側留置線」(群馬県、最寄り駅・JR高崎線高崎駅)高崎エリアで走るD51やEF66などの人気機関車を特別展示


・10月29日「千代田工場」(大阪府、最寄り駅・南海高野線千代田駅)関空特急『ラピート』の車内公開や工場見学


・10月30日「隅田川駅」(東京都、最寄り駅JR・東京メトロ南千住駅)じゃがいも、たまねぎの特別販売や貨物用機関車を展示


その他、JRでは10月21日まで普通列車が3日間乗り放題の『秋の乗り放題パス』(大人7710円)を発売中だ。これは“秋の青春18きっぷ”というべきもので、有効期間は連続する3日間。聖地訪問も紅葉狩りにも利用できるので重宝したい。


(ライター・野川果音)

関連記事(外部サイト)