卑わいな電話繰り返した男逮捕 手当たり次第1万5000回電話か 福岡

卑わいな電話繰り返した男逮捕 手当たり次第1万5000回電話か 福岡

福岡県警本部=森園道子撮影

 女性店員に卑わいな言葉をかけるいたずら電話をしつこく繰り返したとして、福岡県警西署は10日、同県柳川市三橋町、無職、井上義人容疑者(65)を偽計業務妨害容疑で逮捕した。チラシや電話帳で女性が勤めていそうな店舗や施設を調べ、手当たり次第に少なくとも1万5000回ほど電話をしていたとみて追及する。

 逮捕容疑は2019年9月3日〜12月9日、福岡市西区の衣料品店に携帯電話で計244回電話し、女性従業員にわいせつな言葉を執拗(しつよう)にかけて業務を妨害したとしている。「寂しさやムラムラした気持ちからだった」と供述し、容疑を認めているという。

 西署によると、井上容疑者が暮らす県南部の筑後地区では19年6月ごろから病院や老人ホーム、企業などに卑わいな電話があると多数の被害相談が警察に寄せられていた。女性が電話に出ると話し、男性が出ると切っていたという。着信履歴などから井上容疑者が浮上した。【浅野孝仁】

関連記事(外部サイト)