「沖縄を出撃基地にするな」海自の中東派遣 沖縄で反対集会

「沖縄を出撃基地にするな」海自の中東派遣 沖縄で反対集会

自衛隊の中東派遣に対し「戦争への加担をやめよ」などとシュプレヒコールを上げて抗議する参加者たち=那覇市で2020年1月10日午後0時22分、遠藤孝康撮影

 米イランの緊張が継続する中東海域に政府が海上自衛隊を派遣することへの抗議集会が10日、那覇市中心部であった。11日には同市の海自那覇基地からP3C哨戒機部隊が出発する予定で、約100人の参加者は「沖縄を出撃基地にするな」「米国の戦争への加担をやめよ」などとシュプレヒコールを上げた。

 沖縄平和運動センターが主催した。国会議員らがマイクを持ち「一触即発の状況で自衛隊を派遣するのは日本が戦争をするのと同じだ。米国追随の姿勢では報復の連鎖を生む」などと訴えた。

 参加した沖縄県読谷(よみたん)村の組合職員、与那嶺徳政さん(66)は「いざ有事になれば自衛隊は米軍と一緒に行動することになるだろう。そういった部隊が沖縄から出て行くことに怒りを感じる。命令で派遣される隊員も可哀そうだ」と話した。【遠藤孝康】

関連記事(外部サイト)