東尋坊殺人「執拗で苛烈な暴行、非常に悪質」 滋賀の少年6人を逆送

 福井県の東尋坊近くの海で2019年10月、滋賀県東近江市の職業不詳、嶋田友輝さん(20)の遺体が見つかった事件で、大津家裁は10日までに、監禁や殺人などの非行内容で送致された滋賀県内の17〜19歳の少年6人を検察官送致(逆送)とする決定を出した。

 とび職の少年(19)=同県長浜市=について、船戸宏之裁判官は嶋田さんの行動への怒りなどから、集団で殴る、蹴る▽足を自動車でひく▽火の付いたたばこを鼻や口に入れる▽ハンマーを歯に掛けて引っ張る▽指を逆に折り曲げる▽体をライターであぶる――など「執拗(しつよう)で苛烈な暴行を加えた」と指摘。「発覚を恐れ自殺するよう迫るなど非常に悪質。中心的、主導的な役割を果たした」として刑事処分が相当とした。

 決定によると、6人は長浜市のとび職、上田徳人被告(39)=監禁や殺人などの罪で起訴=と共謀し19年10月、嶋田さんに繰り返し暴行を加え、車のトランク内などに閉じ込めて東尋坊まで走行。自殺に見せかけて殺害しようと、東尋坊の崖の上に立たせて「はよ、落ちろや」などと飛び降りて死ぬよう追い詰め、殺害したとされる。【諸隈美紗稀】

関連記事(外部サイト)