「リンゴ送る」「届いた?」 電話にご注意を 千葉で詐欺相次ぐ

「リンゴ送る」「届いた?」 電話にご注意を 千葉で詐欺相次ぐ

"リンゴ送る"特殊詐欺相次ぐ

「リンゴ送る」「届いた?」 電話にご注意を 千葉で詐欺相次ぐ

千葉県警本部=信田真由美撮影

 息子や孫を装った電話で「リンゴを送る」と言って現金をだまし取ろうとする特殊詐欺の電話が今年に入ってから千葉県警柏署管内で少なくとも8件あったことが柏署への取材で明らかになった。うち2件で柏署は容疑者を逮捕した。「果物を送る」と告げて警戒心を緩ませる手口は昨年秋から県内で発生しており、県警は注意を呼びかけている。

 柏署によると、電話は7〜9日に集中してあった。8日には自称・東京都新宿区、アルバイト、渡辺明与容疑者(26)を詐欺未遂容疑で現行犯逮捕した。柏市の男性(83)方に孫を装って7日に「リンゴを送ったけど届いたか」と電話があり、翌日に「浄水器を売って立て替え払いしている。100万円足りないので貸してほしい」などと連絡があった。男性は孫に確認し、だまされたふりをして警察に通報。自宅を訪れた渡辺容疑者を警察官が逮捕した。容疑を認めているという。

 9日にも自称・福島県二本松市の無職の少年(19)を詐欺容疑で逮捕した。8日に柏市の無職の女性(76)方に息子を装った「リンゴを送る」という電話があり、翌日には「会社の金の横領がバレた。100万円を用意して」などと連絡があった。少年は近くの駐車場で女性から現金を受け取ったところを警戒中の警察官に発見され逮捕された。【町野幸】

関連記事(外部サイト)