名城大准教授殺人未遂 学生「単位あげないと言われかっとなった」 凶器は事前に準備

名城大准教授殺人未遂 学生「単位あげないと言われかっとなった」 凶器は事前に準備

准教授刺傷 単位めぐり激高

名城大准教授殺人未遂 学生「単位あげないと言われかっとなった」 凶器は事前に準備

教員が男子学生に刺される事件があった名城大天白キャンパス=名古屋市天白区で2020年1月10日午後5時53分、本社ヘリから

 名城大天白キャンパス(名古屋市天白区)で男性准教授(40)がはさみで刺されて負傷した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された名城大理工学部3年の野原康佑容疑者(22)=同区元八事5=が「リポート提出が間に合わず謝ったが怒られ、『単位をあげない』と言われかっとなって刺した」と供述していることが捜査関係者への取材で判明した。一方で「はさみは事前に準備した」とも話しており、愛知県警天白署は計画的だった可能性もあるとみて調べる。

 捜査関係者によると、野原容疑者は授業のリポートが提出期限に間に合わないことを謝罪するため、准教授の研究室を訪れたという。その際にトラブルになり、衣類に隠していたはさみで襲いかかったとみられる。異変に気づいた教員や学生らが制止した。

 同署によると、はさみは全長約17センチで刃がばらばらになり、血が付いた状態で現場付近に落ちていた。准教授は首や胸などを複数箇所刺され病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 同署は11日午前、野原容疑者の自宅を家宅捜索し、パソコンを押収した。リポート提出や単位の取得を巡って野原容疑者が准教授への不満を募らせた可能性が高いとみている。【高井瞳、駒木智一】

関連記事(外部サイト)