「速やかに発令を」愛知・大村知事 西村担当相に緊急事態宣言を要請

「速やかに発令を」愛知・大村知事 西村担当相に緊急事態宣言を要請

愛知県の大村秀章知事=名古屋市中区の県庁で20年11月、野村阿悠子撮影

 愛知県の大村秀章知事は12日、岐阜県の古田肇知事とともにテレビ会議で西村康稔経済再生担当相に緊急事態宣言を要請。その後の記者会見で「(再発令を)速やかにお願いしたい」と述べた。1月の感染確認は同日までに愛知3196人、岐阜840人と、両県では感染者が年明けから急増し、専用病床が逼迫(ひっぱく)しつつある。大村知事は13日の発令も視野に、首都圏1都3県と足並みをそろえた対策の準備を進める方針。

 宣言が再発令された場合、愛知県は酒類を提供する飲食店などに出している営業時間短縮の要請対象を、全飲食店に拡大する方針を示した。午後9時までの閉店を同8時に前倒しし、酒の提供は同7時までにする。一方で協力金は、現在の店舗ごとに1日あたり4万円から6万円に増額する。また、県民には不要不急の外出自粛などを求める。【太田敦子、酒井志帆】

関連記事(外部サイト)