奈良の一家5人死亡火災 殺人などの疑い、父親を容疑者死亡のまま書類送検 県警

奈良の一家5人死亡火災 殺人などの疑い、父親を容疑者死亡のまま書類送検 県警

奈良県警=中津成美撮影

 奈良県五條市住川町で2020年5月、子どもを含む一家5人が死亡した民家火災で、県警は13日、殺人と非現住建造物等放火などの疑いで、介護施設職員の父親(当時32歳)を容疑者死亡のまま書類送検した。県警は、父親が子どもらを殺害した後、寝室に灯油をまいて火を付けたとみている。

 この火災では、妻(当時33歳)と当時2〜8歳の男児3人も死亡。県警によると、5人の遺体が見つかった寝室からライターとポリタンクの一部などが押収され、床から油の成分も検出された。家族についての悩みが記された父親のメモが見つかっている。【小宅洋介】

関連記事(外部サイト)