山陽新幹線で酒類の販売休止 14日始発から JR西「緊急事態宣言踏まえ」

山陽新幹線で酒類の販売休止 14日始発から JR西「緊急事態宣言踏まえ」

JR西日本のマーク=平野美紀撮影

 JR西日本は13日、大阪府や福岡県など7府県に対する緊急事態宣言の再発令を受け、山陽新幹線の車内で酒類を販売するのを14日から休止することを決めた。期間は未定。

 JR西新幹線企画部によると、車内販売は「のぞみ」の全ての列車のほか「ひかり」「さくら」などの一部で実施している。政府などから要請はないが「宣言の趣旨を踏まえて判断した」としている。

 コロナ禍で車内販売の売り上げが大幅に落ち込んでいる北陸新幹線については、16日以降、全ての車内販売を休止する。【高橋昌紀】

関連記事(外部サイト)