速度記録偽造 元警部補に有罪判決「職務の重要性に対する意識低い」 札幌地裁

速度記録偽造 元警部補に有罪判決「職務の重要性に対する意識低い」 札幌地裁

札幌地裁=岸川弘明撮影

 交通違反の取り締まりで対象車両の速度記録を偽造したとして証拠隠滅と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた北海道警交通機動隊の元警部補、吉本潤被告(58)=懲戒免職=に対し、札幌地裁は13日、懲役2年6月、執行猶予5年(求刑・懲役2年6月)を言い渡した。

 中川正隆裁判長は判決理由で「適正に証拠を収集する職務の重要性に対する意識があまりに低い」と指摘。また、不正の報告が内部であったが「上司らが直ちに対応しないなど職場環境に問題があった」と述べた。

 判決によると、吉本被告は2019年8月〜20年5月に計10回、速度測定結果記録紙を偽造。虚偽の交通反則切符を作成し、上司に提出した。【岸川弘明】

関連記事(外部サイト)