京都タワーでテレワークを ホテルに日帰り利用「タワーク・ルーム」

京都タワーでテレワークを ホテルに日帰り利用「タワーク・ルーム」

京都タワーホテルアネックスの中に設けられた「タワークルーム」=京阪ホテルズ&リゾーツ提供

 京都タワーでテレワークを――。京都タワーホテルと京都タワーホテルアネックス(いずれも京都市下京区)は、テレワークやオンラインミーティングなどのために日帰り利用できる「タワーク(タワー+ワーク)ルーム」を設けた。

 テレワーク需要の高まりに対応し「集中して仕事できる場を」とベッドを外すなど客室をリニューアル。国内外のインテリア会社と協力して座り心地の良い椅子を準備するなど、働きやすい場所作りを工夫したという。2時間1500円(追加1時間ごとに500円)から使える時間利用のプランと、1日当たり4500円で11時間使えるプランがある。

 「テレワークができるスペース」としてはこれに先立って、京都タワーホテルアネックス1階のレストラン「レジーナ」を改装した「コワーキングスペース レジーナ」がオープン(現在は2月7日まで休館)。1時間400円から使える手軽さやフリードリンクなどが好評だったことから「更に集中できる場所を」と客室を利用した「タワーク・ルーム」につながったという。

 運営する京阪ホテルズ&リゾーツは「JR京都駅前という場所でもあり、出張の合間などにも使ってもらえる。コロナ禍で多様化した働き方に対応していきたい」としている。【伊地知克介】

関連記事(外部サイト)