中学校に女侵入、教師に切りかかり逃走 千葉・流山

中学校に女侵入、教師に切りかかり逃走 千葉・流山

千葉県警本部=信田真由美撮影

 14日朝、千葉県流山市東初石3の市立常盤松中学校に女が侵入し、20代の男性教諭に刃物のようなものを振りかざして逃走した。教諭にけがはなかった。県警流山署は暴行と建造物侵入の容疑で女の行方を追っている。

 同署によると、同日午前6時45分ごろ、教諭が校内の化学室で授業の準備中、外階段の踊り場に女がうずくまっているのを見つけ声をかけたところ、化学室に押し入り、刃物のようなもので切りつけてきた。教諭が近くにあった鏡を投げつけると逃走した。

 女は20代くらいで身長150〜160センチ。黒のジャケット、青のズボン、黒のリュックサックを身につけていた。同校は各担任を通じて生徒に事件を説明し、部活動を休止し集団下校を行う予定。【加藤昌平】

関連記事(外部サイト)