旧ブリヂストン美術館が新装、アーティゾン美術館が18日開館 東京・京橋

旧ブリヂストン美術館が新装、アーティゾン美術館が18日開館 東京・京橋

18日に新装開館するアーティゾン美術館(旧ブリヂストン美術館)=東京都中央区京橋1で2020年1月16日午後3時34分、広瀬登撮影

 入居していたビルの新築工事のため長期休館中だった東京都中央区京橋1のアーティゾン美術館(旧ブリヂストン美術館)が18日、新装開館する。一般公開を前に16日、報道関係者向けに開館記念展の内覧会が開かれ、ルノワールやピカソ、青木繁らの名作が久しぶりに披露された。

 5年弱の工事・準備期間を経て展示室の広さは旧館の約2倍に。照明や空調も最先端の機器に一新された。「見えてくる光景 コレクションの現在地」と題された記念展では、約2800点に上る石橋財団コレクションのうち、休館中に収集されたカサットや松本竣介の油彩画なども含め206点が並ぶ。石橋寛館長は「心地よいデザインの空間に包まれて数々の名作を心ゆくまで見ていただける新しい展示環境を作った」と話した。

 入館は日時指定予約制。チケットは同美術館のウェブサイトから購入する。当日券はウェブ予約チケットが完売していない場合のみ窓口で販売。問い合わせはハローダイヤル(03・5777・8600)。【広瀬登】

関連記事(外部サイト)