ブロックで殴られた70歳死亡 殺人容疑で44歳男を逮捕 尼崎

ブロックで殴られた70歳死亡 殺人容疑で44歳男を逮捕 尼崎

尼崎経営者殺害で44歳男逮捕

ブロックで殴られた70歳死亡 殺人容疑で44歳男を逮捕 尼崎

捜査本部が設置されている兵庫県警尼崎東署=兵庫県尼崎市で2020年3月22日、黒詰拓也撮影

 兵庫県尼崎市のJR尼崎駅前で会社経営者の男性がコンクリートブロックで殴られて殺害された事件で、県警尼崎東署捜査本部は22日、市内に住む無職の男(44)を殺人容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、17日午前11時5分ごろ、尼崎市長洲西通1の歩道で、同市の介護サービス会社経営、吉田修二さん(70)の顔をコンクリートブロックなどで複数回殴り、殺害したとしている。県警は認否を明らかにしておらず、今後刑事責任能力の有無を調べる。

 県警によると、男は吉田さんが経営していた会社で訪問介護のサービスを受けていた。防犯カメラの映像や関係者の捜査で容疑者が浮上。吉田さんのズボンのポケットには約10万円が残されており、トラブルの有無などを詳しく調べる。

 男は現場近くの花壇にあったブロックで吉田さんを殴ったとみられる。吉田さんの死因は頭部骨折による外傷性くも膜下出血で一部は粉砕骨折だった。【黒詰拓也】

関連記事(外部サイト)