すき焼きのレトルト こども食堂で無料配布 開発した奈良の高校生ら

すき焼きのレトルト こども食堂で無料配布 開発した奈良の高校生ら

高田商の「まち部。」が配布するレトルトすき焼き=大和高田市材木町の同校で、稲生陽撮影

 奈良県大和高田市立高田商業高の生徒らが24日、学校伝統の味をベースに開発したすき焼きのレトルトを市内のこども食堂で無料配布する。本来は1個500円(税別)で販売しているが、今年度に県のビジネスコンテストで獲得したグランプリ賞金を使って100個を提供。新型コロナウイルスの影響で外での活動が制限されている子供たちを励ます。

 同高では上級生と新入生が同じ鍋を囲む屋外すき焼きパーティーが長年続く春の伝統行事となっており、生徒らのまちづくりサークル「まち部。」がこのすき焼きをレトルト化し、2019年11月から販売している。濃い味付けや量の多さに加え、生徒手帳を模したパッケージも人気だ。

 生徒らは、こども食堂「りっぷキッチン永和町」(同市永和町4の22)が9日以降、平日に子供らに弁当やレトルト食品、缶詰を配布していることを報道で知り、協力を提案。川合悠暉さん(2年)は「世界規模のウイルス感染拡大など今は暗い話題ばかり。ほんの少しでも、生まれ育った地域の元気につながれば」と話す。

 市職員で、食堂を運営するNPO法人「Living in Peace」(東京)のプロジェクト責任者、伊勢巧馬さん(33)は「厳しい状況でも高校生やボランティアなど地域とのつながりができていくのが励みになる。やって良かった」と笑顔を見せた。「りっぷキッチン」での弁当・配布は平日午前11時〜午後3時(すき焼きは24日のみ)。持ち帰り弁当は限定100食。【稲生陽】

関連記事(外部サイト)