北九州の製鉄所化学製品タンクが爆発、けが人なし 日本製鉄グループ会社

北九州の製鉄所化学製品タンクが爆発、けが人なし 日本製鉄グループ会社

福岡県警本部=森園道子撮影

 23日午前10時ごろ、北九州市戸畑区中原の日鉄ケミカル&マテリアル九州製造所で化学物質が入ったタンクが爆発した。福岡県警戸畑署と北九州市消防局によると消防車20台が出動したが、けが人はなかった。

 日鉄ケミカル&マテリアルは日本製鉄のグループ会社で、同社八幡製鉄所内に九州製造所がある。製造所によると、爆発したのは、コールケミカル工場内にあるフタル酸と呼ばれる化学製品の製造工程のタンク。設備点検のため、作業を順次停止していたという。【奥田伸一】

関連記事(外部サイト)