人気ユーチューバーが卒業式でサプライズのピアノ曲 手紙リクエストに応え動画

人気ユーチューバーが卒業式でサプライズのピアノ曲 手紙リクエストに応え動画

札幌市立稲積小学校の卒業生のために作詞作曲したオリジナル曲を演奏するユーチューバーのよみぃさん=よみぃさん(ピアニスト・Youtuber)提供

 卒業生のためにピアノをユーチューブで弾いてくれませんか――。新型コロナウイルス問題の影響で、卒業式に出席できなくなり、卒業生を送る歌も歌えなくなった札幌市の小学2年の男子児童が、ストリートピアノ演奏で有名な人気ユーチューバー「よみぃ」さんに手紙を書いた。よみぃさんはこの学校向けに特別に約6分間の動画を製作し、3曲を演奏してプレゼント。23日の卒業式で動画が映され、6年生の卒業生たちを驚かせた。

 札幌市ではこの日、市立小学校196校で卒業式があり、6年生1万5275人が卒業した。卒業生と教職員のみの参加となり、保護者や在校生は参加できなかった。市立稲積小学校(手稲区)2年生の朝野潤さん(8)は、卒業式に出席するつもりでいたが出られないことを知り、「何かでお祝いの気持ちを届けたい」と考えた。

 「ぼくの小学校はそつぎょうしきがあるんですが、ぼくたちは出られなくなってしまって歌も歌えなくなりました。かなしいです」

 直筆で訴える朝野さんの手紙は、写真に撮ってメールでよみぃさんに届けられた。

 「はいどうも! 稲積小学校の皆さん。こんにちはー」。よみぃさんは両手を振って動画に登場。「今までと形の違う卒業式になってしまって寂しいですね」と述べ、6年生が学習発表会で歌った映画「アラジン」の主題歌「ホール・ニュー・ワールド」と、ゆずの「友 〜旅立ちの時〜」の2曲をミックスして演奏した。

 その後、「僕が今回、皆さんのために作った曲です」と、オリジナルの「卒業おめでとう即興曲」を歌いながら演奏した。

 ここに集まれなかったけど、ココロはつながっていく――。

 優しいメロディーに乗せて、静かに歌うよみぃさんに、目に涙を浮かべる生徒もいた。

 卒業生の田中遥乃(はるの)さん(12)は「サプライズでした。一つの節目として、すてきな卒業式だった」と感動していた。コロナウイルスによる一斉休校期間中もよみぃさんの動画をユーチューブでしばしば見ていたという朝野さんは「すごくうれしい」と喜んでいた。【土谷純一】

関連記事(外部サイト)