高知の観光名所・はりまや橋の床板の一部が焼ける

高知の観光名所・はりまや橋の床板の一部が焼ける

はりまや橋を調べる消防隊員ら=高知市はりまや町1で2020年3月24日午前1時29分、松原由佳撮影

 23日午後11時半ごろ、高知市はりまや町1の観光名所・はりまや橋から火が出ていると通行人から110番があった。高知県警高知署によると、木製の床板の一部が焼けた。けが人はなかった。同署や消防が出火原因を調べている。

 現場はJR高知駅から南に約800メートルの高知市中心部で、はりまや橋は、よさこい節にも歌われる観光名所。高知市によると、現在の橋は1998年に造られた。

 発生直後、現場周辺は規制線が張られ、物々しい雰囲気に包まれた。近くを通りかかった高知市の30代女性は「びっくりしますね」と心配そうな様子で話していた。【松原由佳】

関連記事(外部サイト)