自衛隊中央病院が新型コロナ症例を公開 クルーズ船104人のCT結果 医療従事者向け

自衛隊中央病院が新型コロナ症例を公開 クルーズ船104人のCT結果 医療従事者向け

防衛省=東京都新宿区で、小川昌宏撮影

 防衛省は自衛隊中央病院(東京都)で受け入れた新型コロナウイルスの患者104人分の症例をまとめた調査結果を公開した。医療従事者向けに、自衛隊中央病院のホームページに掲載している。

 同病院ではクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」に乗船し感染した患者ら112人を診察した。そのうち同意が得られた104人の症状をまとめた。CT(コンピューター断層撮影)検査で、無症状の陽性者や軽症者でも半数の肺に異常な影が見つかり、そのうち3分の1の人の症状が悪化した。

 河野太郎防衛相は24日の記者会見で「これだけの症例をCTを使って研究したのは珍しいと思う。いろんなところから早めに公開してほしいと話があったので、ホームページに載せた」と述べた。【田辺佑介】

関連記事(外部サイト)