準強制わいせつ・暴行の疑いで元看護助手ら4人再逮捕 神戸の患者虐待 兵庫県警

準強制わいせつ・暴行の疑いで元看護助手ら4人再逮捕 神戸の患者虐待 兵庫県警

患者虐待で元看護師ら再逮捕

準強制わいせつ・暴行の疑いで元看護助手ら4人再逮捕 神戸の患者虐待 兵庫県警

兵庫県警本部=神戸市中央区で、黒詰拓也撮影

 神戸市西区の神出(かんで)病院看護師らが精神疾患で入院中の患者を虐待したとされる事件で、兵庫県警捜査1課は24日、他にもわいせつな行為をさせていたなどとして、元看護助手、和田元規容疑者(27)=同市西区=ら4人を準強制わいせつや暴行の疑いで再逮捕した。4人とも「ストレス発散のためにやった」などと容疑を認めているという。

 他に再逮捕されたのは、元看護師の橋本涼平(26)=神戸市西区、いずれも看護師の船引健志(33)=同市北区=と高橋斉史(34)=兵庫県明石市=の3容疑者。

 再逮捕容疑は、2018年10月31日午前5時50分ごろ、病室内で63歳の男性患者の体にジャムを塗り、61歳の男性患者になめさせた▽19年9月20日午後5時50分ごろ、病院内の看護師詰め所で、63歳の患者の頭に粘着テープを巻き付け、車いすに縛りつけた――としている。

 県警によると、和田容疑者のスマートフォンに虐待する様子を撮影した動画が残っていた。【韓光勲】

関連記事(外部サイト)