先手番・渡辺は7六歩 王将戦第7局始まる 新潟・佐渡

先手番・渡辺は7六歩 王将戦第7局始まる 新潟・佐渡

王将戦第7局で初手を指す渡辺明王将(左)。右は挑戦者の広瀬章人八段=新潟県佐渡市の佐渡グリーンホテルきらくで2020年3月25日午前9時

 渡辺明王将(35)に広瀬章人八段(33)が挑戦する第69期大阪王将杯王将戦七番勝負第7局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、大阪王将特別協賛、佐渡汽船、和田商会、囲碁将棋チャンネル協賛)が25日午前9時、新潟県佐渡市の佐渡グリーンホテルきらくで始まった。改めて振り駒が行われ、歩が3枚出て渡辺の先手番となった。渡辺は7六歩と角道を開け、広瀬が8四歩と突いて2日間の戦いの幕が開いた。

 第4局までは先手番、第5、6局は後手番が勝ち、三度タイになるデッドヒートが繰り広げられている。対局は午後6時に指しかけとなり、26日に指し継がれる。持ち時間は各8時間。立会は佐藤義則九段、解説は中川大輔八段、記録は福田晴紀二段が務める。【丸山進】

関連記事(外部サイト)