新型コロナ 青森で新たに4人感染 スペイン旅行参加者ら 計6人に

新型コロナ 青森で新たに4人感染 スペイン旅行参加者ら 計6人に

青森県庁=井川加菜美撮影

 青森県は25日、新たに男女4人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。4人はいずれも同県八戸市在住で、23日に感染が判明した同市の70代男性と同じスペイン旅行のツアーに参加していた。県内からはほかに5人が同じツアーに参加していたが、検査の結果陰性だった。県内の感染患者数は6人になった。

 県によると感染したのは60代の自営業の夫婦2人と70代の女性2人。60代夫婦は症状がなかったといい、帰国後に接客はしていないという。また、70代の女性2人は一時的に発熱などの症状があったが、検査時は回復していた。4人はいずれも感染症指定医療機関などに入院する。

 ツアーは今月9〜15日に行われ、参加者らは16日に成田空港に帰国。県内からは八戸市9人と階上町1人の男女計10人が参加していた。23日に70代男性とその妻の感染が判明したことを受け24日、ツアーに参加していた県内のほかの9人に対してもPCR検査を実施していた。【井川加菜美、江沢雄志】

関連記事(外部サイト)