同性カップルの住所載った画像削除 県議「周辺に迷惑かけた」

同性カップルの住所載った画像削除 県議「周辺に迷惑かけた」

三重県議会=津市広明町で2020年10月29日午前10時36分、森田采花撮影

 三重県の男性カップルが県議にブログで自宅住所を公開されていた問題で、掲載していた小林貴虎県議は5日、住所が載った封筒の画像を削除した。小林氏は理由について「議会事務局や正・副議長宛てに(抗議の)電話が入っており、周辺に迷惑をかけているため」と説明した。

 小林氏は3月30日、同性婚などに関するツイッターへの投稿を巡り、男性カップルから公開質問状が届いたことを報告。その回答とともに、2人の住所が載っている封筒の裏面を撮影した画像を掲載していた。

 三重県は4月1日、都道府県として初めて、性的少数者であることを本人の同意なく暴露する「アウティング」を禁止する条例を施行したばかりだった。削除を求めていたカップルの一人の嶋田全宏さん(45)は「とにかくほっとしている。条例の趣旨や必要性を多くの人に周知し、名前だけのものにしないようにしてほしい」と話した。【山下智恵】

関連記事(外部サイト)