まん延防止措置の大阪 府市の「見回り隊」が巡回スタート

まん延防止措置の大阪 府市の「見回り隊」が巡回スタート

大阪府と市が飲食店"見回り"

まん延防止措置の大阪 府市の「見回り隊」が巡回スタート

飲食店の感染防止策を点検する大阪府・大阪市「見回り隊」の職員=大阪市北区で2021年4月5日午後5時50分、藤井達也撮影(画像の一部を加工しています)

 新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、飲食店への対策強化や違反店舗への行政罰(過料)を軸とする「まん延防止等重点措置」が5日、大阪、兵庫、宮城3府県の計6市でスタートした。大阪府と大阪市は同日、市内の飲食店に対策の徹底を求める「見回り隊」を発足させ、巡回を始めた。

 この日、市役所で出発式があり、松井一郎市長は「摘発が目的ではない。誠意を持って説明し、協力してもらえる店舗を増やしてほしい」と呼びかけた。その後、府と市の職員計40人が2人1組となり、同市北区などの店を一軒ずつ訪ね歩いた。飛沫(ひまつ)防止用のアクリル板などの設置を点検し、マスク会食を利用客に促すよう店に求めた。午後8時までの時短要請の順守状況も確認する。重点措置期間中の5月5日まで続ける。

 兵庫県も神戸、尼崎、西宮、芦屋4市の飲食店約1万6000店を対象に今後、各店への見回りを行う。【柳楽未来】

関連記事(外部サイト)