シティーハンター×北九州の夜景 北条司作品とコラボ 小倉駅

シティーハンター×北九州の夜景 北条司作品とコラボ 小倉駅

「シティーハンター」(?北条司/コアミックス 1985)などの作品と夜景がコラボした壁面装飾=北九州市小倉北区のJR小倉駅1階東側公共通路で2021年4月5日午後2時26分、浅野翔太郎撮影

 「シティーハンター」などの作品で知られる北九州市出身の漫画家、北条司さんの作品のキャラクターと、同市の夜景を紹介する壁面装飾(横幅約15メートル、高さ約2・7メートル)が5日、JR小倉駅(同市小倉北区)の1階東側公共通路に登場した。

 公共通路は2017年に再整備され、近隣の北九州市漫画ミュージアムと連携して、漫画にちなんだ撮影スポットを設けるなどしている。日本新三大夜景都市に選ばれた北九州の夜景と、海外でも人気がある北条さんの作品でさらに魅力を高めようと企画された。

 門司港レトロ地区や皿倉山、小倉城など6カ所の夜景の写真に、「シティーハンター」や「エンジェル・ハート」に登場する冴羽?(さえばりょう)などのキャラクターイラストを組み合わせた。北九州が売り出し中の工場夜景には「キャッツ・アイ」の怪盗、来生(きすぎ)三姉妹がロープで下りるイラストが添えられている。

 北条さんは公開に合わせ「故郷に帰った気持ちです。今回の作品が長く北九州市やファンの皆さんに愛されるものになることを願っています」とコメントを寄せた。北橋健治市長は5日の除幕式で「老若男女、国内外問わず愛される作品と魅力的な北九州の夜景の組み合わせで、にぎわいが増すことを期待している」と話していた。【浅野翔太郎】

関連記事(外部サイト)