女性の顔蹴った疑いで33歳逮捕 バッグに接触し腹いせか

女性の顔蹴った疑いで33歳逮捕 バッグに接触し腹いせか

神奈川県警=山本明彦撮影

 エスカレーターで女性の顔を蹴ったとして、神奈川県警相模原南署は6日、同県大和市南林間1、会社員、望月将司容疑者(33)を傷害容疑で逮捕した。望月容疑者の足が女性のバッグに当たって転倒しそうになったため、腹いせに蹴ったとみられる。

 逮捕容疑は1月22日午前6時50分ごろ、相模原市南区の小田急線相模大野駅で上りエスカレーターの左側に立っていた女性アルバイト(32)の顔を蹴り、鼻骨骨折など全治約4週間のけがをさせたとしている。「つまずいて足が当たっただけだ」と容疑を否認しているという。

 同署によると、望月容疑者はエスカレーターの右側を歩いており、女性の手提げバッグに足が当たり、女性をにらんだ後に蹴ったという。電車に乗ろうとするところを女性に呼び止められたが「違いますよ」と知らないふりをして逃げたという。【洪?香】

関連記事(外部サイト)