まん延防止適用外の地方も感染者急増 首長ら「第4波に入った」

まん延防止適用外の地方も感染者急増 首長ら「第4波に入った」

地方の首長ら"第4波入った"

まん延防止適用外の地方も感染者急増 首長ら「第4波に入った」

キャバクラやバーでクラスターが発生している松山市の繁華街=同市内で2021年4月6日午後5時21分、山中宏之撮影

 新型コロナウイルス感染拡大の勢いが収まらない。大阪、兵庫、宮城の3府県の計6市で「まん延防止等重点措置」が5日から適用されているが、新規感染者は3府県以外の地方都市でも急増している。まん延防止措置の適用を知事が政府に要請する段階には至っていないものの、地元の首長らは「『第4波』に入った」と危機感を強めている。

奈良の病床使用率1カ月で6倍に

 大阪のベッドタウンとして知られる奈良県。6日、1日当たりの感染者が過去最多の78人に上った。厚生労働省によると、1日までの1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)は17・67人で、国の指標で「ステージ3(感染急増)」の水準(15人)にある。関西では大阪府(32・57人)、兵庫県(18・84人)に次いで多い数字だ。6日までのデータでは29・03人に増え、大阪などと同様に最も深刻な「ステージ4(感染爆発)」の目安(25人)を上回る。コロナ専用病床の使用率(6日現在)も57・97%で3月上旬時点の約6倍となり、ステージ4の目安(50%)より高い。

 特に、人口の4分の1が集中する奈良市では大規模なクラスター(感染者集団)が発生し、状況が深刻だ。このうち市中心部にある県庁では、6日までに計25人の感染が判明している。コロナ対応の中心を担う医療政策局など複数の課に所属する職員で、全員が本庁舎3階で勤務しており、トイレなどの共用場所で感染が広がった可能性がある。仲川げん市長は2日、「まん延防止措置の適用要請を検討する段階だ」と述べた。一方、荒井正吾知事はこれまでに要請には否定的な考えを示している。

愛媛、福井でもクラスター発生で拡大

 愛媛県では、3月下旬に松山市の繁華街にあるキャバクラやバーの計10店舗で発生したクラスターの影響が影を落とす。1日までの1週間の新規感染者数(人口10万人当たり)は15・09人。「市中感染のまん延に近づいている」(中村時広知事)という段階にあり、6日の新規感染者は43人と過去2番目に多くなった。入院患者(6日午前9時現在)は73人と過去最多だ。

 県は1日から、松山市の繁華街の一部地域で飲食店などに対する営業時間短縮要請(午後9時まで)を始めたが、8日に独自の警戒レベルを最高ランクへ引き上げる。松山市民に対する外出自粛要請を検討しており、中村知事は6日、まん延防止措置についても、今後の対策を見極めた上で「要請する可能性がある」とした。

 福井県では3月下旬以降に介護施設や学校でクラスターが起き、3日に病床使用率が20%を超えた。杉本達治知事は同日、「第4波にある」と表明し、県独自の「感染拡大警報」を発令した。3月1日以降に判明した感染者81人(6日時点)のうち、31人は関西由来の変異株による感染といい、県の担当者は「20代を中心に感染拡大が起きている。大阪や兵庫に行く予定を変更できないか考えてほしい」と県民に訴える。

 まん延防止措置の適用について、菅義偉首相は知事から要請があれば速やかに認める方針を示している。【久保聡、稲生陽、中川祐一、横見知佳】

関連記事(外部サイト)