大阪府職員3人がコロナ感染 まん延防止要請日に送別会 知事陳謝

大阪府職員3人がコロナ感染 まん延防止要請日に送別会 知事陳謝

大阪府庁=芝村侑美撮影

 大阪府は6日、大阪自動車税事務所の職員14人が3月31日に送別会を開き、うち3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。この日は、「まん延防止等重点措置」の適用を府が政府に要請した日で、吉村洋文知事は「府民に呼び掛ける立場でありながら申し訳ない。厳正に処分したい」と陳謝した。

 感染したのは50代の男性課長ら3人。府が自粛を求める送別会を二つの課が大阪市内の飲食店2カ所で開き、それぞれ7人が参加していた。会話中にマスクはしていなかったという。

 また、大阪市を除く府内の全市町村でつくる「大阪広域水道企業団」も6日、40代の男性職員が同僚と会食した後、新型コロナに感染したと発表した。企業団では、この職員を含め16人が3月26〜29日、開催は4人以下などとするルールに反して居酒屋などで別々に会食。これまで他に30〜40代の職員3人の感染も判明している。【鶴見泰寿、石川将来】

関連記事(外部サイト)