三島由紀夫の掌編小説「恋文」発掘 専門家「力量示す作品」

三島由紀夫の掌編小説「恋文」発掘 専門家「力量示す作品」

作家の三島由紀夫

 作家の三島由紀夫(1925〜70年)が24歳で新聞に発表し、そのまま埋もれていた「恋文」と題した掌編小説の存在が確認された。匿名の手紙を巡る秘密と家庭内の不穏な空気を通じて、米占領下の日本社会の状況が暗示されている。7日発売の文芸誌「新潮」5月号に掲載される。

 49年10月30日付の朝日新聞大阪版と西部版の「400字小説」特集の一編として掲載された。単行本や全集には未収録で、研究者の間でも存在が知られていなかった。日本近代文学が専門の斎藤理生(まさお)・大阪大教授が、当時の新聞の文芸欄を調べる中で今年2月に見つけた。

 三島は48年に専業作家となり、49年7月に出世作「仮面の告白」を刊行。掲載当時は新鋭作家として注目を集め始めたところだった。

 小説の冒頭、「支店長」の男が宴会の席でハンカチを取り出そうとして、知らぬ間に入っていた手紙を見つける。その恋文の秘密を通じて、男が自らの家庭の状況を把握できていないことが示される。

 斎藤教授は「占領下の日本を表しているように読める」と指摘。「若き三島の物語作家としての力量を示す作品」と話している。【関雄輔】

関連記事(外部サイト)