名人戦第1局、出だしは矢倉模様 斎藤八段が渡辺名人に挑戦

名人戦第1局、出だしは矢倉模様 斎藤八段が渡辺名人に挑戦

第79期名人戦七番勝負第1局で初手を指す挑戦者の斎藤慎太郎八段(右)。左は渡辺明名人=東京都文京区のホテル椿山荘東京で2021年4月7日午前9時1分、宮武祐希撮影

 渡辺明名人(36)に斎藤慎太郎八段(27)が挑戦する第79期名人戦七番勝負第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は7日午前9時、東京都文京区のホテル椿山荘東京で始まった。

 対局室の窓外には庭園の新緑が広がり、両者は共に和服姿で向き合った。振り駒で先手番を握った斎藤は初手に1分使い、7六歩と突いて角道を開けた。渡辺は8四歩と応じ、矢倉模様の出だしとなった。

 年明けから王将、棋王を防衛して現役最多の3冠を保持、初防衛がかかる第一人者の渡辺。対するは、A級1期目で挑戦者に名乗りを上げ勢いに乗る斎藤。過去5戦は渡辺の3勝2敗。将棋界最高峰の舞台でどんな戦いが繰り広げられるか、ファンの期待も高まっている。

 立会は中村修九段、解説は高見泰地七段、記録は田中大貴三段。持ち時間はタイトル戦最長の各9時間。同日午後6時半時点の手番が指し手を封じ、8日に指し継がれる。【新土居仁昌】

関連記事(外部サイト)