空き家に勝手に居住、役所に転居届 不動産侵奪容疑、66歳逮捕

空き家に勝手に居住、役所に転居届 不動産侵奪容疑、66歳逮捕

宮崎県警=宮崎市で2019年2月21日、田崎春菜撮影

 宮崎市霧島所在の他人の空き家に勝手に居住したとして宮崎県警宮崎北署は7日、同所の無職女性(66)を不動産侵奪容疑で逮捕した。「私の家」と容疑を否認しているという。1人暮らしで、この女性とみられる名前で転居届が市役所に出されていた。

 容疑は2020年9月30日以降、埼玉県の70代男性所有の木造平屋の空き家に家財道具を持ち込み、侵奪したとしている。3月末、15年ほど空き家にしていた実家の確認のため久々に戻った男性が、使われた跡のある布団や衣類を室内で見つけ、届け出た。

 現場は閑静な住宅街。署によると、電気も通っていた。両者に面識はないといい、同署が経緯を調べている。【塩月由香】

関連記事(外部サイト)