GoTo給付金詐欺容疑 宿泊事業者を全国初摘発 広島県警

GoTo給付金詐欺容疑 宿泊事業者を全国初摘発 広島県警

広島県警本部が入る広島県庁東館=小山美砂撮影

 旅行需要喚起策「GoToトラベル」事業の給付金をだまし取ったとして、広島県警は7日、元民宿経営の無職、栗栖かいん容疑者(51)=東京都品川区=を詐欺容疑で逮捕した。県警によると、同事業を巡る宿泊事業者の不正受給の摘発は全国初。

 逮捕容疑は、栗栖容疑者が経営していた広島市の民宿に、実在する人物が宿泊したと偽って給付金を申請。2020年11月6日、27万3000円を振り込ませて詐取したとしている。栗栖容疑者は「不正とは思わなかった」と否認しているという。【中島昭浩】

関連記事(外部サイト)