大阪府警池田署員10人感染のクラスター 35人自宅待機に

大阪府警池田署員10人感染のクラスター 35人自宅待機に

大阪府警池田署員10人感染

大阪府警池田署員10人感染のクラスター 35人自宅待機に

大阪府警本部=藤田剛撮影

 大阪府警は7日、池田署の署員10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同署では3月27日以降、交番勤務の地域課員を中心に感染が相次ぎ、大阪府は署内でクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。府警でのクラスター発生は1月の寝屋川署に続いて2例目。

 府警は約35人の署員も自宅待機とし、署に応援要員を派遣して通常業務を続ける。庁舎内の消毒は終えた。

 府警によると、10人は地域課のほか、刑事課や生活安全課で勤務する20〜50代。業務を通じて感染したとみられ、会食などはしていないという。【山田毅】

関連記事(外部サイト)