青色と黄色のコラボ 100万本のルーピン満開 鹿児島・柏原海岸

青色と黄色のコラボ 100万本のルーピン満開 鹿児島・柏原海岸

ルーピンの黄色い花で埋め尽くされた柏原海岸=鹿児島県東串良町の柏原海岸で2021年4月8日午前11時34分、新開良一撮影

 鹿児島県東串良町の柏原海岸で、約100万本のルーピンの花が満開となり、黄色いじゅうたんのように一面に広がっている。4月中旬まで楽しめるという。

 町の花のルーピンはマメ科の植物。約30年前から町民らが種をまき、町が栽培管理している。今季は3月上旬から咲き始め、砂浜沿いの約1・2キロ、約6ヘクタールの畑を黄色に染めている。

 この時季は町民らの憩いの場として散策に訪れる人も多い。柏原海岸で例年開かれる春のイベント「東串良ルーピンまつり」は新型コロナウイルスの影響で昨年に続いて中止された。【新開良一】

関連記事(外部サイト)