霊場や観光地巡り、電動バイクでGO 徳島でレンタル事業開始

霊場や観光地巡り、電動バイクでGO 徳島でレンタル事業開始

8日からレンタルが始まった電動バイク=徳島県美波町で2021年4月1日午後2時48分、岩本桜撮影

 徳島県美波町の地元団体「日和佐 発心の会」は、8日から電動バイクのレンタルを始めた。観光客が集中する四国霊場二十三番札所・薬王寺周辺をはじめ、電動バイクに乗って他の観光スポットにも立ち寄ってもらう狙い。3密を避けながら町内を走ってもらい、ウィズコロナやアフターコロナ時代に適した観光のあり方を模索する。

 町の委託でレンタル事業を行う「日和佐 発心の会」の西蔵祥大さん(27)によると、薬王寺近くの桜町通りを中心に、他の観光地にも足を運んでもらうための観光事業として、会が町に提案し、採用された。自転車の貸し出しサービスは既に町観光協会が実施していたため、別の乗り物を検討した結果、電動バイクに決まった。

 町は折りたたみ式電動バイク「BLAZE SMART EV」を3台購入。最高速度は時速30キロで、1回の充電で約30キロ走れる。利用には運転免許が必要で、町内を自由に走ってもらう。事業費は約100万円で、国の地方創生臨時交付金を活用した。事業は1年をめどに実施され、誘客数や貸し出し実績を検証する。

 電動バイクを貸し出す際、おすすめの撮影場所などを示した地図も配る。西蔵さんは「美波町は山と川と海がコンパクトにまとまった自然豊かな町。電動バイクを利用して町の魅力を存分に味わってほしい」と話した。

 電動バイクは、午前10時〜午後5時に美波町門前町再生交流オフィスで、1時間2000円から貸し出す。平日なら、2人利用の「カップルプラン」(1人6000円)、3人利用の「ファミリープラン」(1人5000円)で、午前10時〜午後5時に乗り放題。3日前までに、電話(090・8970・9250)やメール(hosshinnokai.23@gmail.com)などで申し込みが必要。定休日は月火だが、祝日の場合は変更もある。【岩本桜】

関連記事(外部サイト)

×