京成線で事故 開かない遮断機の棒が切断される 千葉

京成線で事故 開かない遮断機の棒が切断される 千葉

京成遮断機の棒 男が切断か

京成線で事故 開かない遮断機の棒が切断される 千葉

千葉県警本部=信田真由美撮影

 13日午前7時5分ごろ、千葉県習志野市の京成線谷津駅構内で、10代とみられる男性が上り快速電車にはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。同駅の西隣の駅近くの踏切でその直後、事故の影響で開かない状態が続いていた遮断機の棒が何者かに切断されており、県警は器物損壊容疑で調べている。

 県警習志野署によると、谷津駅のホームにいた乗客が、電車が来る直前に男性が線路に飛び込む様子を目撃していた。男性は野球のユニホームを着ており中高生の可能性が高いといい、身元などを調べている。

 一方、同7時15分ごろには、同駅の西隣の船橋競馬場駅(船橋市宮本)近くの踏切で、通行人から「遮断機の棒を切断している人がいる」と110番があり、県警船橋署員が駆けつけると、遮断機の棒2本が何者かによって根元部分から切断され、その場に放置されていた。

 京成電鉄によると事故の影響で午前7時半ごろまで一部区間の上下線の運転が見合わせとなり、当時遮断機が開かない状態が続いていた。ツイッター上に投稿された、この様子を撮影したとみられる動画には、男がその後車に乗り込み立ち去る姿が映っていた。【町野幸】

関連記事(外部サイト)